読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コントロールジェルmeは陰部に効かない?抑毛効果なし?

陰部のアンダーヘアの処理&肌の黒ずみ対策にコントロールジェルmeは使えるの?効果は期待できる?

口コミではコントロールジェルmeは陰部にも効果的!

小さめのパンツなんてはく気分になれないほど、陰部のムダ毛のボリュームに困っていたとしても、コントロールジェルmeで適度な薄さに抑えられるようになります。


口コミでも、

抜いた後のプツプツが目立ちにくくなってきた

生えてくるスピードはたしかに遅くなります!

といった感想が続いています。



■陰部のケアの注意点

陰部(vioライン)のアンダーヘアのムダ毛処理は脱毛サロンで人気の部位です。自宅でカミソリで剃っている人も多いと思いますが、気を付けなければいけないのはやはり肌への負担です。


私たちの体の肌は、部位によって厚みが全く違っています。足の裏や手のひらの肌は皮膚が何枚も重なっていて分厚いものの、顔や陰部の肌は皮膚の枚数が少なくて薄いんです。

 



そのため、他の部位では問題のない刺激でも、陰部では吹き出物ができてしまったり肌色が黒ずんでしまうといったトラブルが起きやすいんです。


陰部といえばパンツで覆われていてパンツとの摩擦が起きやすい部位でもありますから、物理的な刺激が継続して加わりやすい個所です。肌色がどうしてもくすみがちなんです。

 




さらに、陰部といえば様々な汚れも溜まりやすい場所です。汚れは雑菌の格好のえさとなりますし、雑菌は毛が多いところで繁殖しやすくなります。


雑菌による刺激はもちろんのこと、雑菌の排泄物によって肌荒れを起こしやすいため、陰部のアンダーヘアは、薄ければ薄いに越したことがないんです。

 



コントロールジェルmeなら、他の脱毛手段に比べると、肌への負担が断トツで軽くなります。カミソリで剃って肌を傷つけることはないし、脱毛サロンで脱毛レーザーを受け続けることによる黒ずみが起きる心配もありません。


むしろ、美容成分をふんだんに配合しているおかげで、使えば使うほど肌の調子を良くしてくれます。

 



肌に潤いを取り戻してみずみずしくしてくれたり、黒ずみの原因であるメラニン色素を肌から代謝させて、肌色を明るくしてくれますよ。



■除毛するより安全!

陰部のアンダーヘアは薄いほうが良いわけですが、だからと言ってハイジニーナ(無毛)にしてしまうのは、あまりおすすめはできません。


ハイジニーナにすることで、陰部を清潔に保ちやすくなるものの、ただ、温泉に入った時など、iラインが丸見えになってしまうのは、やはり他人の気になってしまうものです。

 



ムダ毛処理の方法には除毛クリーム(脱毛ワックスとかブラジリアンワックスなど)を使う方法もありますが、毛を適度に残すことができません。ゼロか1しか選べません。


除毛クリームに含まれる薬品の科学的刺激によって肌荒れを起こす危険もありますから、除毛クリームを使うのであれば、陰部ではなく腕や膝下といった部位がオススメです。

 



除毛クリームに比べると、コントロールジェルmeの効果が現れるまでには時間がかかってしまうものの、その代わり、ムダ毛が細く短く抜けやすくなります。


今までとは違って軽い力ですっと抜けるほど弱々しくなってくれるし、使用頻度も最終的には週に2~3回程度に減らしてもOKです。ムダ毛が濃くなることがありません。

 



自分の好みの量まで陰部のアンダーヘアの量を調節しやすいので、コントロールジェルmeを使うのがやっぱりおすすめですよ。



肌がデリケートな陰部のムダ毛も効果的にボリュームを抑えてくれるコントロールジェルmeを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓







 

 

コントロールジェルmeの口コミ 効果的な使い方 


髭のように濃いすね毛…どうにかならないかと思ってこちらの商品を使用して3ヶ月。ほとんどの毛が無くなりました!!感激です。



ちょっとお手入れをサボると、ぶつぶつになりやすいようなのですが、これを使うようになって、ちょっとしたデコボコもなくなったように感じます。



さらっとした使用感はとてもいい感じです。どこにでも使えるのがありがたいです。




コントロールジェルmeを効果的に使うにはポイントが3つあります。1つ目は、コントロールジェルmeを塗る分をしっかりと洗ってから使うこと。


目には見えなくても、私たちの肌表面には様々な汚れがあります。余分な皮脂のほか、汗、はがれた角質(垢)などなどが堆積していると、汚れの様にコントロールジェルmeの成分が奪われてしまいます。

 



肌にしみ込む量が減ってしまえば、抑毛効果が下がるのは当然です。肌表面の汚れを確実に洗い流い手からコントロールジェルmeを使うようにしましょう。


2つ目のポイントは、コントロールジェルmeをチョビチョビ使うんじゃなくて、たっぷり使うこと。出し惜しみしないでぜいたくに使うようにしましょう。

 



特に最初の1本目というのは、肌に合うかどうか?効果がありそうかどうか?を確かめる目的もありますから、1本を1ヶ月弱で使い切るくらいのペースが良いですよ。


その後、効果を実感出来たら、コントロールジェルmeの使用量を調節すれば良いです。

 


3つ目のポイントは、コントロールジェルmeの保管方法です。添加物がほとんど含まれていないので成分が非常にデリケートです。


直射日光を避けるのはもちろんのこと、冷暗所に保管するようにしましょう。普段は冷蔵庫にコントロールジェルmeをしまっておいて、使うときだけ取り出すのが確実ですよ。

 




肌がデリケートな陰部のムダ毛も効果的にボリュームを抑えてくれるコントロールジェルmeを返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓